インプラント

インプラント治療

インプラントについて

インプラントについて歯を失ってしまった際、ブリッジのように周囲の歯に負担をかけることもなく、入れ歯のような違和感もなく、まるで自分の歯と同じように噛むことが出来るようになるというのが「インプラント治療」の特徴です。
第2の歯とも言われるインプラントは歯を失ってしまった部分の歯の後の骨に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せて噛み合わせを回復させます。

インプラントの構造

インプラントの構造インプラントは人工歯根(フィクスチャー)と連結装置(アバットメント)、人工の歯(上部構造)という構造から成っています。歯槽骨(顎の骨)としっかり癒着させるため、まるで自分の歯で噛んでいるような感覚になります。

インプラントのメリット

インプラント治療には多くのメリットがあります。
中でも最大のメリットと言えるのが残りの歯が歯肉で人工歯を支えるのではなく、顎の骨としっかり結合したインプラントの上に人工歯を付けているため、安定感に優れているということです。また、残っている健康な歯に負担をかけることがないということも大きなメリットの一つと言えます。

  • 強く噛めるので硬いものも食べられる
  • 左右のバランスよく噛むことができる
  • 食べ物の食感を楽しめ、食事を美味しく味わうことが出来る
  • 他の歯を傷つけずに済む
  • 人工歯なのでむし歯にならない
  • 取り外して洗浄したり手入れをしたりなどの手間がかからない
  • 自分の歯に負担をかけないため、歯が長持ちする
  • 自然で美しい口元になり、笑顔に自信が持てるようになる

当院で安心してインプラント治療をしていただくために

  1. インプラント専用のオペ室を完備インプラント専用のオペ室を完備
  2. 経験豊富な院長が担当
  3. 信頼できるインプラントメーカーを使用(アストラ)

骨が十分でない方の治療法(GBR法/ソケットリフト法/サイナスリフト法)

GBR法

GBR法歯周病などで骨が失われた部位に骨補填材を移植。骨の再生を図る治療法がGBR法(骨再生誘導療法)です。骨の量を増やして治療するので、インプラントを行うための骨が不足してしまっていたという人や、抜歯してすぐに行うインプラントの場合、この治療が応用されます。

ソケットリフト法

ソケットリフト法ソケットリフト法では、インプラントを埋める部分から上顎洞粘膜を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入して骨の密度を高めます。これにより歯槽骨の高さが確保され、インプラントを埋め込むための骨の高さが足りないという上顎で多く見られる場合でも対応可能となります。

サイナスリフト法

歯を失うと、上顎の歯槽骨にある上顎洞(サイナス)という大きな空洞が広がってしまい、インプラントを埋め込むための骨の高さ(厚さ)が足りなくなってしまうことがあります。サイナスリフト法やソケットリフト法は、そのような場合に行う治療法で、上顎洞の底を上げるため骨を増やすという治療法です。

インプラント治療の流れ

診査・治療計画

まずは患者様のお口の状態を診査し、治療計画を立てていきます。
インプラント治療は失った歯の数、埋め込む骨の硬さや位置、大きさによって様々な選択肢があるため、患者様に無理のない衛生管理などを含め総合的に検討します。

一次手術

インプラント治療では手術は一次手術、二次手術の2回行います。
一次手術では歯茎を切り開いて顎の骨を削り、インプラントを埋め込むという手術を行いますが、大体1~3時間ほどで終わりますのでその日のうちにご自宅にお帰り頂くことが可能です。

治療期間

3~6ヶ月ほどの治療期間を置くことで一次手術で埋め込んだインプラントと骨が強い力で結合します。この期間に仮の歯を使うことができる場合もあります。歯科医師までご相談ください。

二次手術

インプラントの上に人工歯を取り付けるため、再び歯茎を切り開き土台を設置するための手術を行います。1~6週間おき、歯茎が治るまで待ちます。

人工歯の作製・装着

歯茎が治ったら型取りをして人工歯を作っていきます。患者様に合わせて形・色を合わせて作製し、土台に取り付けセメントやスクリューで固定します。

メンテナンス・定期検診

半年に1回程度、定期検診を受けてインプラントや人工歯、噛み合わせなどお口の状態をチェックします。

まずはご相談ください

インプラント治療にはメリットもデメリットもあります。患者様のお口の状態によってもインプラントが適しているかどうかが異なりますので、まずは診査・診断を行い、治療計画を立てていきます。まずはお気軽にご相談ください。

一番上に戻る
TEL:0466-87-6665 24時間WEB予約