医院名:風間歯科医院 住所:神奈川県藤沢市遠藤880-2 電話番号:0466-87-6665

歯周病

歯周病

日本歯周病学会認定医による歯周病治療

当院では、歯周病の予防や治療には特に力を入れております。院長が日本歯周病学会認定医であり、より力をいれていく治療科目になります。お気軽にご相談下さい。

歯周病とその原因

歯周病はとても怖い病気ということをまず知っていただきたいと思っています。日本国内2000の歯科医院を対象とした調査では、歯を失った原因の第1位は「歯周病」で42%、第2位が「むし歯」で32%。また、40歳以上では5人に4人以上の人が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病の怖いところはお口の中だけに留まらないところにあります。
心疾患や脳卒中、動脈硬化を引き起こす原因となるなど全身疾患にも大きく関わっていたり、妊婦さんの場合、早産や流産、死産など大きな影響を与える場合もあります。

歯周病は歯と歯肉の間に残った歯垢(プラーク)に細菌が住み着くことで引き起こされます。
歯周病もむし歯と同じで、早く治療に取り掛かるほど治りも早く、大切な歯を失ってしまう可能性も少なくなります。

歯周病の進行と症状

【歯周病の進行と症状】

軽度の歯周病

歯肉に炎症を起こしている「歯肉炎」の状態から更に進行すると歯槽骨の崩壊が始まります。これが歯周病の始まりで、軽度の歯周炎の状態です。この状態では歯周ポケットの深さは3~5mmほどです。

中等度の歯周病

更に歯周炎が進行し、歯根の半分まで歯槽骨が崩壊してしまったような状態が中等度の歯周炎です。炎症がより広がったことで歯がぐらつき始めます。歯周ポケットの深さは4~7mmほど。

重度の歯周病


重度の歯周炎になると歯根の半分以上歯槽骨が破壊されてしまっています。歯周ポケットは6mm以上と極端に深くなり、歯はぐらぐらの状態に。

歯周病で骨が溶けてしまったら

エムドゲイン(歯周再生療法)


【歯周病で骨が溶けてしまったら】エムドゲイン法は比較的狭く、そして深く骨が失われてしまっているところに用いられる治療法です。露出してしまった歯根部にエムドゲイン(歯周ポケット6mm以上の歯周炎の治療に使う薬)を塗布します。
治療に使うエムドゲインゲルの主成分である「エナメルマトリックスデリバティブ」は、子供の歯が生えてくる時に重要なタンパク質の一種となっています。

  1. 歯周病により骨が溶けている状態。歯周ポケットの深さを計測中
  2. 歯の表面をキレイにする
  3. 歯の表面処理を行う
  4. 歯根部にエムドゲインゲルを塗布
  5. 新しい骨が再生してきている
高い専門性が求められる

歯肉を切開・縫合する外科手術である歯周組織再生療法は非常に専門性の高い治療です。専門的なブラッシングで歯垢を落とし、歯石を除去し、歯周病の改善度を調べた上で行われます。
ほとんどの場合保険外の治療となり、喫煙されている場合は禁煙後の手術を推奨しています。非常にデリケートな治療のため治療前後の徹底した歯磨きの訓練も大切です。

定期的なメインテナンスが必要です

【定期的なメインテナンスが必要です】お口の中の細菌叢は、どんなにしっかりとケアをしても3ヶ月もすれば元の悪い環境に戻ってしまいます。そのため、自分の歯や歯ぐきを健康的に保つには定期的な歯科医院でのプロフェッショナルメインテナンスが大切。
インプラントや歯周組織再生療法、矯正治療などの治療を終えたら今度は「歯周病にならない」「むし歯にならない」ためのメインテナンスプログラムに切り替えて行きましょう。
歯周病治療のプロフェッショナルである歯科医師や歯科衛生士の手によって、患者様のお口の中をしっかりとチェックしメインテナンスを行うことで歯周病の原因となる細菌の少ない口腔内を目指します。「治療」から「予防」に切り替えていくことで歯を失う可能性を根本から断つことが可能になるのです。

一番上に戻る
TEL:0466-87-6665 24時間WEB予約